ページ内を移動するためのリンクです。

 

暮らしのコラム

実例紹介詳細

概要

建物タイプ
カテゴリ
所在地
岐阜県
構造
スウェーデンハウス
リフォーム面積
7.47㎡
築年数
15年
改装範囲
キッチン
家族構成
夫婦+母親
リフォーム費用
約440万円
After
実例アフター

もともとは上部に吊戸棚が付いていたキッチン。吊戸棚を外し、窓を倍の大きさに入れ替えたことで明るく開放的なキッチンに。

Before
実例ビフォー
After
実例アフター

バニラホワイトのキッチン扉は北欧の絵画などに代表される独特の色合いを再現したもの。

Before
実例ビフォー

以前はレンガを模したカルチャードブリックが使われていた。

After
実例アフター

換気扇は曲線美が美しい白のクックフードルを採用。

Before
実例ビフォー
After
実例アフター

お気に入りの食器や雑貨を飾って楽しめる“見せる収納”

Before
実例ビフォー

リフォームのポイント

素材や色の組み合わせで、光あふれるキッチンが完成

スペースの限られたキッチンを広く、明るく見せるために壁面のベースカラーに白をセレクト。壁面や天板にはタイルを施し、ほっこりとしたあたたかみのある空間が生まれました。リフォームにあわせて、窓の大きさも倍に広げ、自然光をたっぷり取り込めるように。奥の壁一面に採用したブルーのアクセントクロスがさわやかさを演出し、シンプルで心地のよいキッチンが出来上がりました。

“見せる収納”でお気に入りの北欧雑貨が映える空間に

新築のときは収納力を重視して、キッチンに吊戸棚を付けたオーナー様でしたが、キッチンのリフォームを考え始めたとき吊戸棚に収納したものはほとんど使っていないことに気づかれたそう。そこで、思い切って使わないものを処分して壁面を"見せる収納"に。シンプルな白い壁に取り付けた棚は、お気に入りの食器や雑貨を引き立たせるスペースに大変身。大好きなものに囲まれてお料理が楽しめるキッチンが完成しました。

天井面をやわらかく照らし出すルイス・ポールセンのあかり

キッチンの照明にはルイス・ポールセンのパークフースをセレクト。デンマーク外務省が古い倉庫を改築した際、天井面を照らす効果を得るためにデザインされたものです。最小限のパーツで眩しさが抑えられるように設計されているため、空間を選ばない、シンプルでコンパクトな照明です。

白のモザイクタイルが、明るく清潔感あふれるキッチンを演出

「お手入れが大変になるのでは?」と少し心配していた奥様でしたが、使ってみると想像していたよりも汚れが取れやすいとのこと。使ったあとすぐに汚れを拭き取る習慣もできて、明るく清潔感の溢れるキッチンになりました。

IHグリルを収めるためにひと工夫

IHグリルの高さとモザイクタイルの天板の幅を合わせるためにひと工夫。天板の側面はタイルを2段に貼りましたが、IHグリルの部分だけ1段にしてすっきりと収めました。

ブルーのアクセントクロスの美しさを引き立てる白い巾木

15年前の新築時に使った巾木は現在では使われていないデザインなので、キッチン側には思い切って白い巾木を採用。ブルーのアクセントクロスの美しさを引き立たせています。

使いやすいシンプルなタオルハンガー

シンクの脇の壁には、シンプルな形のタオルハンガーを設置。壁面の白いタイルの効果で、北欧からやってきた鍋洗いやキッチンブラシなどのお掃除道具がよく似合います。

北欧の雑貨でセンス良くまとめられたカフェのようなダイニング

北欧の雑貨や小物たちでセンス良くまとめられたカフェのようなダイニング。部屋のいたるところに、さりげなくちりばめられた雑貨が世界観をつくりだす素敵な空間です。

マリメッコのファブリックパネルはオーナー様の手作り

リビングで見つけたファブリックパネルはなんとオーナー様の手作り!スウェーデンハウスモデルハウスのワークショップで習ったテクニックを応用して、住宅用の断熱材に使われるスタイロフォームを下地にして作ったのだそう。これだけ大きなパネルでも、軽いので石膏ボードの上に簡単に取り付けられます。

リフォームされたオーナー様の声

スウェーデンハウスオーナー様の声

白いモザイクタイルを使ったキッチンに憧れていましたが、リフォームする前は「お手入れが大変になるのでは?」という不安があったのも事実。でも、いざ使ってみると思っていたよりもお手入れも簡単で、汚れがつくとすぐに拭き取る習慣もできたのでこのデザインにして正解でした。何よりも明るいキッチンになり、お気に入りの食器や雑貨を飾って楽しめるようになったのは大きいですね。料理していても楽しい、居心地の良い空間に生まれ変わり、満足しています。

スタッフの声

パイン材の木部が美しく色づき、あたたかみのある空間となっているリビングと対照的に、シンプルでさわやかなキッチンが完成しました。白が基調になっていますが、ご夫婦でセレクトされた自然素材のかごや陶器などの北欧雑貨が、絶妙なバランスで空間の雰囲気をやわらげる役目を果たしています。手作りの暮らしを心から楽しまれているご夫婦の印象そのままの、やさしい空気が流れるスウェーデンハウスでした。

お問い合わせ・カタログ請求 「無料相談」や「カタログ請求」などご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。