LINEで送る

リフォーム豆知識|2017.06.08

梅雨時の室内干しを快適に!

関東以西では梅雨入りが発表され、本格的に雨のシーズンがスタートしました。
洗濯物を外に干すことができず、カラッとした青空が恋しくなることもありますよね。

今回は、梅雨時の悩みを解決するアイテムをご紹介します!

tsuyu_2-1.JPG

tsuyu_2-2.JPG

カビ対策にも効果アリ!「浴室換気乾燥暖房機」

バスルームのリフォームでオススメしたいアイテムが「浴室換気乾燥機」です。
洗濯物の乾燥はもちろん、お風呂あがりに軽く乾燥機をかけると、床や壁に残った水分が蒸発し、カビやヌメリの発生を防ぐことができます。

浴室換気乾燥暖房機付のユニットバスに交換する際、ランドリーパイプは1本よりも2本設置したほうが一度にたくさんの洗濯物を干すことができます。
浴室の奥側に予備でランドリーパイプの受けを設置しておけば、使わないときはそちらにかけておくことができ、パイプが邪魔になるということもありません。

※既存のユニットバスへのランドリーパイプの後付けは、できる場合とできない場合がございますので、まずはお問い合わせください。

tsuyu_4-1.JPG

tsuyu_4-2.JPG

洗面所や寝室に物干しを追加できる「ホスクリーンSPC型」

室内干しのとき、洗濯物を干す場所に困ることはありませんか?
そんなときにおすすめなのが「ホスクリーンSPC型」。必要なときに、簡単に取り付け・取り外しのできるスポット型物干しです。

ワンタッチでポールを着脱ができるので、使わないときは外しておくことができます。荷重のかかり具合を視覚的に知らせる「荷重目安ガイド」など、天井への安全性にも配慮されています。

tsuyu_6-1.JPG

tsuyu_6-2.jpg

天気に左右されずに洗濯物が干せる「サンルーム」

サンルームを作って雨の日でも洗濯物を干せるようにするのも方法のひとつ。
最近ではリビングから続くスペースにセカンドリビングとして増築する実例も増えてきています。

ただし、サンルームは後から設置すると「増築」の扱いになるため、建築基準法の「建ぺい率」「容積率」や都市計画法の「防火地域・準防火地域」などの規定を守って設置する必要があります。

いかがでしたか?
これから1ヶ月半ほど続く雨の季節、少しでも快適に過ごしたいですね。